メニュー

メニュー

個人の居酒屋さんとチェーン店の居酒屋さんの大きな違いはメニューの構成ではないでしょうか?特にアルコールのメニューに置いては、チェーン店の居酒屋さんはバー顔負けのお酒の種類があります。その中でも特にカクテルの種類が豊富で、何十種類ものカクテルが用意されている居酒屋さんもあります。また飲み放題というメニューも用意されていることが多く、アルコールを沢山飲む人にとっては嬉しい限りです。

 

ゑびす鯛

 

それとは対照的に個人で経営している居酒屋さんの場合、アルコールの種類は多くありません。そもそもそんなにたくさんの種類を作れるほどアルバイトなどの人を雇っていないのです。しかし、メニューはチェーン店にはないこだわりがあったりします。チェーン店の居酒屋さんの多くはセントラルキッチンと言って、居酒屋さんで提供される料理をある程度まである場所であらかじめ調理されていて、それをパックなどにして、それぞれのお店に配送しています。

 

小料理バル ドメ

 

そのため、こちらで手を加えることなどが出来ません。しかし個人の居酒屋さんの場合は、セントラルキッチンのようなものはなく、自分で材料を買いに行って、調理をします。そのため材料が無い場合は、出すことが出来ないメニューもありますし、お客さんから「もっと辛くして」「野菜を多めにして」などという注文にもこたえることが出来るのです。

 

 

 

お客さんの要望を聞いてくれやすいのが個人の居酒屋さんです。ただ毎日同じメニューを提供出来ない場合もあります。その時の気分でどっちの居酒屋さんに行くか選んでも楽しいですね。