地域密着の個人経営の素晴らしさ

地域密着の個人経営の素晴らしさ

一昔前の飲食店経営は、こだわりの一品があれば遠くからでもお客様が来てくれて大繁盛している飲食店が数多く有りました。

 

手打ち蕎麦で評判の店や、美味しいカツ丼で行列が出来る店もあったものです。

 

梅田の居酒屋 本陣は最大80名様まで個室利用ができます

 

しかし、現代は飲食店が過剰な時代ですからいかに飽食の時代といっても供給が需要を上回っておりますので飲食店の経営は厳しさを増しています。

 

東京の主要な地域には数え切れないほどの数の飲食店が並んでいますが、それらの飲食店の内でしっかり利益を確保できている店は5%にも満たないそうです。

 

つまり100件の飲食店があっても、そのうちの5件ぐらいしか儲かっていないのが実情名乗です。

 

しかも、東北大震災以来は遠くまで食事に出かけることが減ってきていますし、アルコールが入ったら車の運転は現金ですから必然的に自宅や職場の近くの徒歩圏内の飲食店に行く傾向が強くなっています。

 

https://www.hotpepper.jp/strJ001147579/

 

その様な観点から見ますと、自分の家の近くに贔屓にできる個人経営の小さな居酒屋があれば最高です。

 

歩いてブラっと行けて安い金額で美味しい料理と酒が飲める店があることがベストです。

 

出来れば個人経営でお互いにご近所で親しくなって好みの料理もドリンクも分かってくれて、同じ料理ばかりでなく客の顔を見て家庭料理風にアレンジしてくれたら毎日でも行きたくなります。

 

藤沢 イタリアン

 

実際に、このような地域密着型の個人経営のオーナー経営で近隣のファンをしっかり掴んで成功されている居酒屋があります。

 

そこへ行けば顔見知りの近隣の方々とも交流できて楽しいひと時を過ごせるメリットもあります。
本来の居酒屋とはその様な地域と密着して地域のお客様のニーズを満たしてくれるポリシーが大切な気がします。